補聴器 値段

補聴器の値段、高すぎると考えている人へ朗報!

本当に高価な補聴器が必要ですか?

最近ちょっと耳の調子が悪くなってきた・・・
自分はまだまだ大丈夫だと思うけど、家族が補聴器の装着をすすめてくれた・・・
静かな場所では特に困らないのだけど、会議の声が聞きづらくなった・・・
そろそろ補聴器を使ってみるか・・・
そう思ってネットなどでいろいろ調べてみても、専門用語だらけで、どの補聴器が自分に合っているのか、よくわからない。
補聴器の値段も、いくらなのかハッキリ書いていない場合が多くて。

補聴器は本当に買うのが難しい商品です。
補聴器の値段は、安いもので20万円、高いものになると50~70万円もします。
それだけ高い商品にもかかわらず、販売は眼鏡屋さんがついでに売っていたり、小さな専門店で売られているのがほとんど。
また、そうした店では特定のメーカーの補聴器しか扱っていない場合がほとんどなので、いろいろなメーカーの補聴器を比較することができません。
こうしたお店を訪れると、説明を聞いているうちに、いつの間にか高価な補聴器を買わされてしまうケースも。
お店の方も商売ですから、よほど良心的な店でもない限り、どうしてもこうした事は起きてしまいます。
そして、補聴器を販売しているお店が絶対に言わないのが、

ということ。
そう、難聴の程度が軽度~中程度なら、無理に高い補聴器を買わずに、もっと安くて使いやすい機器のほうが、より役に立つのです。
この事実を、お医者さんも補聴器メーカーも、あえて隠しているのです。

補聴器はなぜ高いかご存知ですか?

補聴器と、「集音器」などと呼ばれるその他の機器との違いは、なんだと思いますか?
ひと言で言えば、「医療機器として認定されているのが補聴器」ということになります。
決して性能の差ではないのです。
医療機器の「補聴器」として認定されることには、メリットがあります。
補聴器として認定されることで、耳鼻咽喉科などで紹介される補聴器専門店などで扱ってもらえるので、確実な売上が期待できるのです。
ですが、「補聴器」として認定してもらうためには、病院との太いパイプと、多額の費用がかかります。
当然その費用は補聴器本体の価格に上乗せされています。
補聴器の値段が高い理由には、こうした背景があるのです。

もちろん、難聴の程度がひどく、音の増幅度が非常に大きい機器を使わないといけない場合は、高額でも高性能の補聴器を購入しないとなりませんが、
難聴がそこまで重くなく、日常生活をスムーズにするためにちょっと聞こえを良くしたい・・・という程度ならば、医療機器としての補聴器は「高性能過ぎる」のです。
そうした、高性能で値段も高い「補聴器」ではなく、軽度の難聴に合わせた、気軽に使える「きこえ機器」の方が、「ちょっと耳が遠くなったな」という多くの人のニーズに合っているのです。
ここでは、中程度までの難聴者にとって「補聴器よりも良く聞こえる機器」をご紹介します。

補聴器よりもよく聞こえる「きこえ機器」があります!

補聴器よりもよく聞こえ、補聴器よりも手軽で、補聴器よりも値段が安い・・・そんな機器があります!
おすすめできるのはパイオニアの「フェミミ」シリーズ、ラージの「ホワイトイヤー」シリーズ、そしてシマダ製作所の「みみ太郎」シリーズがあります。
それぞれ特徴がありますが、この中で「日常生活の聞こえを良くする」ことに力を注いだのが「みみ太郎」です。

「みみ太郎」の開発コンセプトは、ただ単に音を大きく増幅させることではなく、音が耳が良かった時と同じように自然に聞こえることを重視しています。
そこで、みみ太郎ではどうしたら音が自然に聞こえるかを研究し、ひとつの結論に到達しました。それは人間の音の聞こえ方に重要な役割を持っているのが

である、ということです。
人間の耳の複雑な形、これが自然界にある様々な音を不必要な雑音必要な音に区分するのに重要な役割を持っているのです。
ですが、通常の補聴器は音をマイクで集音し、小さなスピーカーで音を出しますが、そこには人間の耳の形は一切関与していません。
そのため、補聴器を使ってみると、耳障りな雑音が大きく聞こえたり、言葉が明瞭に聞こえなかったり、音は大きくなったけどなんだか人工的に聞こえたり・・・
という不自然さが感じられてしまうのです。
こうした不自然さを取り除き、自然な聞こえを実現するために、「みみ太郎」では「人工内耳」というものを開発しました。
これはシリコンで出来た、人間の耳の形をしたパーツで、この人工内耳を「みみ太郎」の集音部に取り付けました。
そのため、みみ太郎を使っていると、あたかも本当の耳を通じて音を聞いているような、自然な聞こえが実現するのです。
この人工内耳の搭載により、みみ太郎は重度の難聴者には向きませんが、日常生活を快適に過ごしたい!という希望には、補聴器以上の効果を発揮します。
また、価格についても、補聴器の値段の10分の1程度。数万円です。
とはいえ、数万円でも出費は出費。
そこで、みみ太郎は10日間の無料貸出しを行なっています。
この無料貸出しは、もちろん新品が届きます。
商品が届いて10日間、好きなだけ使ってみて、自分には合わないと感じたら、返送するだけ。
役に立つと思った場合だけ代金を支払うようになっています。
下のリンクから無料貸出しのページに行かれますので、まずは「みみ太郎」のラインナップを見て、よさそうな商品の貸出を申し込んでみて下さい。
画期的なきこえ機器、「みみ太郎」が効果を発揮することを願っています。


みみ太郎を10日間無料で使ってみる!